体内水分量少なく暑さの影響受ける高齢者、室内の熱中症対策!

地球の温暖化の影響もあり、猛暑が続いた昨年度は熱中症による救急搬送が調査開始以来最多になったそうです。今年はどうなるのでしょうか?心配ですね。 ※女性セブン2019年7月25日号より 猛暑だった昨年、熱中症で救急搬送された「9万5073人」は2008年の調査開始以降で最多、そのうち48.1%が65才以上の高齢者だ。  老親を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦財団解散 「最終的かつ不可逆的な解決」を踏みにじった韓国政府の「不実」

この記事を読むと、韓国政府は元々、「慰安婦合意」など解決するつもりはなく、日本からお金を巻き上げるだけで、「従軍慰安婦問題」と言う切り札を永遠に手放す気はなかったようです。 genre : ニュース, 国際, 政治より日韓合意に基づき韓国で設立された「和解・癒やし財団」が解散した。関係者によると財団は6月17日に解散し、事業清算の処理…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いまさら聞けない七夕の由来。願い事によって短冊の色を変えるべし

七夕の由来は知っていましたが、短冊の色に五行学説と結びついているとは知りませんでした‼皆さんも短冊に「ねがいごと」を書きましたか?私も短冊に「世界が平和になりますように」と書いて結び付けてきました。!(^^)! 日刊SPA! 2019/07/07 08:29 より 季節の移り変わりは早いもの。7月に入り、今日は七夕だ。街でも色と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに韓国を潰しにかかった日本。たった3品目の輸出規制で韓国経済は大恐慌へ

7月1日についに日本は韓国へのY出規制(徴用工問題への制裁)に踏み切りました。 慰安婦合意の破棄、徴用工裁判の日本企業への賠償命令判決、自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件など、一連の日韓関係を損なう韓国政府の反日政策に対して、日本政府が打ち出した韓国への制裁処置と言えます。 以下の記事が有りましたので掲載いたします。 MONEY…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマコがガン治療の救世主!?ナマコの「フロンドサイド」という成分が「がん細胞」の約95%を消滅!

ナマコを食べると癌細胞の95%を消滅させると言う記事が出ていました。 日本人にとっては身近な食べ物ですが、欧米人は食べないそうです。まあ、グロテスクなので食べ物には見えないでしょうね(笑) でもこれからは欧米人もナマコを食べるようになり、ナマコが貴重品になるかもしれないですね! ■ あのナマコは、がん治療の救世主だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害グレーゾーンの葛藤「診断が出た人が羨ましい」

世間にはアスペルガー症候群(高機能自閉症)と思われる人が相当数います。 アスペルガー症候群とは知的障害を持たない(知能指数80以上の)自閉症で、勉強はできるが、普通の人の行動や言動と違う(ずれている)人と考えられています。現代風に言えば「K・Yな人」となるのでしょうか。 自閉症の特徴としては、 ①人と上手くコミュニケーションできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【主張】高齢者の暴走事故 社会守る抜本対策を急げ

福岡の暴走事故の加害者が高齢者ドライバーであることが分かり、高齢者に対する免許証の自主返納や免許証の定年制など、交通事故の対策が急がれると言う風潮になってきていますね。 産経新聞2019.6.6 05:00コラム主張 より 福岡市早良区の交差点に車が突入し、運転していた81歳の男性と、同乗していた76歳の妻が死亡した。車は約60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【保存版】最新データで見る高齢者と年齢別の事故率と事故件数まとめ

テレビやネットなどのニュースでは高齢者の自動車事故がよく取り上げてられているのですが、高齢者の自動車事故の統計と原因、対策と推移や事故率、事故件数を詳しくまとめましたので最新の年齢別の事故データを元に紹介します。 高齢者と年齢別の交通死亡事故死者数の推移 まずは、年齢別での交通死亡事故の死者数の推移を事故統計データでみてみましょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人運転は危険か 高齢者ドライバーの事故激増のウソを暴く

近年、高齢者ドライバーによる痛ましい事故の報道が増えており、高齢者の免許証返納を即す主張や、法令や適性検査の強化による高齢者ドライバーへの規制の図ろうと言う声が大きくなっています。 認知症発症者は別として、本当に高齢者ドライバーは危険なのでしょうか? また、地域や環境により、高齢者でも運転が必要な人は大勢います。特に過疎地ではバスや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コカ・コーラ、世界的な砂糖離れに大苦戦。「健康志向」に乗れない企業は潰れていく

最近コカ・コーラを飲んだのですが、あまり美味しく感じませんでした。それはコカ・コーラ(カロリー0)と言う人工甘味料を使った商品だったからかもしれません。 コカ・コーラは糖分が多く、カロリーが高いと言う世評が広がり、通常商品(砂糖を使用)と同じ値段でカロリー0(トレハロース使用)の商品販売をして、イメージの改善を図ろうとしているのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶滅したはずの甲殻類発見か オオスナモグリ、静岡と高知で

エビ?シャコ?生きた化石の発見でしょうか! © KYODONEWS 静岡県沼津市で見つかったオオスナモグリとみられる生物の標本(千葉県立中央博物館提供) 共同通信社 2019/06/05 19:42より 化石でしか存在が知られず、絶滅したと考えられていた甲殻類オオスナモグリとみられる生物が静岡と高知の干潟で見つかったと、千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信号無視の歩行者、衝突したバイク男性死なせた疑いで書類送検

皆さん、歩行者でも交通ルールは守っていますか⁉ 『信号無視の歩行者、衝突したバイク男性死なせた疑いで書類送検』と言う記事が有りました‼😳😔💦💦 毎日新聞 2019/06/03 17:26 より 横断歩道の赤信号を無視して交差点を歩いて渡り、バイクと衝突して転倒させ、バイクの運転手を死亡させたとして、静岡県警静岡中央署は3日、静岡市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる?

2030年を予測した記事が有りました。 以前に2050年の日本社会についてブログに載せましたが、もっと近い未来も怖い現実が待ち構えているようですね。 午堂 登紀雄(マネーガイド) 2019/05/29 12:20 日本はどうなるの? 未来予測を書いてみます 今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株は本当に儲かるのだろうか?

最近、株価が上がっており、私の持ち株の一部が指値で売れたため、利益確定しました。 普段、日中は仕事が有り、相場を見ながらの株取引などできません。当然、持っている株は放ったらかしなのですが、持ち株には全てここまで値上がりしたら売るという指値を設定しています。本日は珍しく持ち株の内の1銘柄が売れ、そこそこの利益が出ました。 そこで、喜ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文在寅大統領は徴用工にお金を渡せ!」被害者団体の訴えが韓国社会で黙殺されている

日本企業ではなく韓国政府に対して地道に元徴用工の補償を求めている団体が有ります。 韓国では日本企業をターゲットとして元徴用工裁判を起こす市民団体が有りますが、これらの団体はほとんどが左翼系の市民団体で、元徴用工の補償よりも対日関係の悪化を目的としているように思われてなりません。 以下は韓国ではほとんど報じられないが、韓国政府に補償を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型「スズキ・カタナ」が国内で正式にデビュー!!

スズキは2019年5月24日、大型二輪モデルの新型「KATANA(カタナ)」を同年5月30日に日本で発売すると発表した。 デザインにもメカにも強いこだわり 新型カタナは、1980年のケルンショーで発表され、日本刀をイメージした前衛的なデザインで人気を博した「GSX1100S KATANA」をモチーフとしつつ、最新の二輪技術を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズキ、東京・大阪モーターサイクルショーで新型「KATANA(カタナ)」を日本初披露

スズキは、インターモトで発表した新型『KATANA』(カタナ)を大阪モーターサイクルショー2019(3月15~17日:インテックス大阪)および、東京モーターサイクルショー2019(3月22~24日:東京ビッグサイト)で日本初公開する。 新型KATANAは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旬」を迎える初ガツオ アニサキスの食中毒被害が10倍に!その対策とは

私はカツオのたたきが好きなのですが、何と!生のカツオを食べて、食中毒(アニサキス)が急増していると聞き、驚いています。どうしたらいい物でしょうね⁉ FNN.jpプライムオンライン 2019/03/15 13:40 より 3月13日、厚生労働省が2018年の食中毒に関する報告件数を公表した。 ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あとたった6年!日本を揺るがす「2025年問題」がやってくる

気になった記事が有りましたので、ここで取り上げてみました。 2020年の東京五輪開催に続き、2025年には大阪万博の開催が決定した。明るいニュースの一方で、昨今、日本の将来に暗い影を及ぼす「2025年問題」への懸念が高まっているのをご存じだろうか。今回は、日本の命運を決する「2025年問題」について見ていこう。 ■2025年に社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大麻ビジネスに乗り遅れる日本、世界はマリファナ巨大市場の誕生でハイになっている

日本社会は大麻(マリファナ)を断固拒絶するが、米国では医療用ほか娯楽用も含めて合法化へ突き進んでいる。大きな資金が流れ込んで一大産業になりつつあるが、日本はそれを傍観するだけだ。しかし、日本人でもその恩恵を受ける方法はある。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城) プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more